プロミスなら在籍確認も相談にのってくれる!
プロミスで在籍確認なしで借りる方法※職場に電話がくるのが嫌な人へ

プロミスで在籍確認なしで借りる方法※職場に電話がくるのが嫌な人へ

プロミスの審査なら不安な人も大丈夫!

リスト 【プロミス】無人機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ


お金を借りるには、どうしても借り入れ審査にパスする必要があります。 この借り入れ審査で結構ポイントになってしまうのが在籍確認です。 職場に勤務の実態があるかどうか、担当者から電話で確認されることになります。

普段から外部の人から電話がよく入るような人ならそれほど問題にはならないのですが、 職業やポジションによっては外部からの電話など全くない人もいると思います。 あるいはパートやバイトのような雇用形態だとかなり怪しい感じになってしまいます。

まず、基本的なことですが、プロミスにかぎらず金融機関が在籍確認で電話をする場合、 企業名を名乗ることはまずありませんので、そこで怪しまれることはありません。

ただ、先程のように、あまり外線の電話がない人は、ちょっと嫌だなぁと感じるかもしれません。 あらかじめ、クレジットカードの審査などがあると伝えておけるなら伝えるのがベストです。 ただ、どうしても無理な場合は、プロミスなら相談にのってくれます!

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!


プロミス無人機検索

キャッシングの利用限度額アップのポイント



キャッシングを利用する際は、キャッシング会社側で定めた利用限度額を超える借り入れは出来ません。 そもそも、この利用限度額というのは、利用者自身の過去の信用情報や年収などを加味した上で、キャッシング会社が独自に定めた金額です。 そのため、利用する会社によって、たとえ同じ利用者であっても、利用限度額に若干の差が出ることはあります。

しかし、「もう少し借りたいから、利用限度額を上げてほしいだけど…」というケースもあるでしょう。 利用限度額は一度決めると、その額は将来にわたって固定されると言うものではなく、限度額アップのためにはいくつかのポイントがあり、それをクリアすれば、限度額を引き上げてもらえるのです。

例えば、利用者自身が借り入れした後、毎月、定められた期日までに順調に返済を行っているかという利用実績があるということも重要です。 これはキャッシング会社との信頼関係を深めるということであり、「信頼できる人だから…」と限度額を引き上げてもらえる可能性は高まります。

また、複数のキャッシング会社から同時に借り入れしていないことも、限度額アップのポイントです。 複数社からの同時借り入れは、通常のキャッシングの審査でもマイナスポイントとなることが多々あります。 逆に言えば、1つのキャッシング会社のみの利用であれば、限度額アップの可能性は高まるのです。

おすすめはやっぱりプロミス



キャッシングでおすすめをしているのは、やっぱりプロミスのカードローンです。 プロミスのカードローンは即日発行してくれますし(これは他社でも同じですが)、審査もそんなに難しいものはなく、しいて言うなら会社への在籍確認の電話があるのですが、社名は伏せて電話をしてくれるので、会社にバレることもなく安心です。

肝心のカードローンの使用感としては、他社と変わらず便利は便利なのですが、特に私が気に入っていたのは、ポイントが貯まるところです。 年収の証明できる書類を提出すれば○○ポイント。毎月月初めには○○ポイント。返済したら○○ポイント。といった感じで、ポイントが貯まっていきます。

そのポイントはどこで使うかというと、金利に使います。単純にポイント分を引いてくるというわけではないのですが、利用するポイント数に応じて、1ヶ月間金利なしだったり、3ヶ月間金利なしなどにできるサービスです。

借りている金額が多ければ多いほど、ありがたいサービスになりますので、多めの金額を借りたいと思っている人は、プロミスでカードローン申請を行ってみてはいかがでしようか? ただ、それはあくまでサービスですので、ポイントを貯めるために多くの借金をするというのは大きな間違いですので、勘違いしないでくださいね。

キャッシングの利息を少しでも減らす



キャッシングをすること自体が悪いわけではないです。金融サービスとして提供されているわけですから、その点においてはまったく問題ないことであるといえます。では、何が問題になるのか、といいますとそれは利息です。借金ですから利息の支払いに関することは注意しておいたほうがよいでしょう。

少しでも減らすことができるように借り換えることも検討するべきであるといえます。言うまでもなく、これは金利がダイレクトに影響します。利息制限法としては最大で18%ですがそれで借りることもないです。人によって違うことではありますが、やはり大きく金利を減らして貸してくれるところはしっかりとありますから、それを狙ってみることがお勧めできます。

キャッシングの金利は高い、というイメージがあります。それは確かにそうなのですが、昔よりは遥かに安くなっていますし、まして年利の話であり、そもそもそんなに長く借りることを想定している金融サービスでもありませんから、基本的にはすぐに返せば金額的に言えばかなり低い利息でお金を借りることができるようになります。18%であろうとも次の月に返せば利息は大したことはないのです。問題は長く借り続けることにあります。

学生でもキャッシングはできる



学生であろうと何かとお金が必要になることがあります。そうした時に貯金があったり、親から仕送りをもらえたりすればそれが最高ですが、出来ない人もいます。アルバイトをしていても、給料日はまだまだ先であるならば、どうしてもお金の工面が難しいです。

そこでお勧め出来るのがプロミスのようなキャッシングサービスになります。要するに銀行や消費者金融などから借りるわけです。これは学生でも出来るのか、といいますとそれはできます。但し、20歳までは駄目、というところも多くあります。これは20歳以下の場合、契約という行為自体が自由意志で出来ないからです。

つまりは、貸したとしてもその契約自体を無効化できてしまうからです。そこが問題になるので出来ないわけではないですが、20歳未満には貸さない、という消費者金融が多いですから覚えておくと良いでしょう。大学生なら20歳以上の人もいるでしょう。その場合は借りることができる可能性があります。

別に学生でもアルバイトの収入があるならば貸してくれます。総量規制も入りますから、金額としてはそこまで高くないでしょうが一時凌ぎとしては役に立ちことになります。そもそもそんなに長期的に借りるサービスではないです。借りる際の審査でもバイト先への在籍確認などもバレないように配慮してくれるので安心です。